イメージ画像

人間関係の悩みがなくなる世界
本当の「真理」を知れば、人間関係の悩みはすべて消える


法律からわかる離婚の未来

日本は世界的に見て、離婚がとてもやりやすい国です。

これは、アメリカや欧米諸国の指導者達の反省からきています。

ヨーロッパ諸国はキリスト教の影響から、簡単に離婚できないようになっています。

そのため、結婚前に何年も同棲して、お互いの価値観を確かめ合うのです。

あるいは、法律的な入籍はせずに、ずっと事実婚状態で一生を終える人もいます。

しかしこれは、やっぱり不便であると感じていました。

そのため第2次世界大戦後にアメリカが、日本は離婚をやりやすい国にしようと思い、そのような法律にしたのです。

日本は夫婦の合意があれば、届け出だけで簡単に離婚が成立します。

しかし夫婦の合意と届け出だけで離婚できる欧米諸国など、存在しません。

日本の法律が離婚をやりやすくしているのは、法律制定当時の日本人の意志ではなかったのです。

裁判所の離婚判断は、社会情勢が考慮される

日本では夫婦で離婚の合意ができないときは、裁判所が離婚を判断します。

まずは、離婚調停という話し合いが行われます。

そして離婚調停で話し合いがまとまらないと、離婚裁判で決着をつけます。

このとき日本の裁判官は、法律の文言に加えて、その時代の社会情勢も、判断に加えているのです。

例えば、男性も女性も、それぞれ自由に生きていくべきだという風潮が感じられたとします。

このようなときは、離婚を認める判決が出やすくなります。

これに対して、家族のつながりを大切にすべきだ、という風潮が感じられたとします。

このようなときは、離婚を認めない判決が出やすくなります。

もちろん個別の事情や、裁判官の個性、弁護士の主張も大きな要因となります。

ただ裁判というのは、社会の空気や風潮の影響を受けるものである、ということです。

そして離婚については、高度経済成長に合わせて、離婚を認める傾向がずっと続いてきました。

そして2000年代になってからは、DV問題が注目されるようになってきました。

そしてDVもでっち上げDVや、たんなる夫婦ケンカの延長だったりするケースも見受けられるようになりましした。

裁判傾向というのは、極端に偏りすぎると、よりもどしで反対の傾向が少しずつ出てきます。

また離婚によって貧困になり、生活保護受給者が増えることも、裁判所としては避けたいのです。

そのため今は、離婚加速よりも、離婚しない方に少しずつ戻ってきている傾向が見受けられます。

スポンサードリンク

このページの先頭へ