イメージ画像

人間関係の悩みがなくなる世界
本当の「真理」を知れば、人間関係の悩みはすべて消える


経営の原理原則から見える未来

経営の原理原則がわかるようになると、社会がこれからどのように変化していくのか、わかるようになります。

日本の産業構造はアメリカの後を追いかけているため、単純にアメリカを見ていれば、簡単に予測ができます。

まず日本の産業の中心が、製造業から小売業とサービス業にシフトとしていきます。

アメリカもかつては「GM」「フォード」「クライスラー」をビック3と言っていました。

アメリカも、自動車産業が国内産業の中心だった、という時代があったのです。

しかし小売業の「ウォルマート」がアメリカの産業を支配するようになり、アメリカの中心になりました。

実は、完成した技術というのは、必ず後発に追い抜かれて負ける運命なのです。

小売業、金融業、ITは、自動車などの工業製品に比べて、どこか抽象的です。

そのため技術として完成することがないので、簡単に追いつかれないことから、永らく中心にいることができるのです。

日本でも「ものづくり日本」と言われていますが、実はすでに「ものづくり」は、すでに産業の中心ではありません。

日本で製造業がGDPに占める割合は、すでに10数%しかないのです。

ということは製造業よりも、小売業・サービス業のほうが景気に与える影響は格段に大きいのです。

それなのになぜか日本は、いつまでも「ものづくり」の成功体験にとらわれています。

産業の中心が小売業・サービス業になると、多くの労働者が小売業・サービス業に従事するようになります。

どちらにしろ製造業では、技術の完成により人間が不要になってきますから、製造業の従事者は減少していきます。

今、ハローワークで仕事が見つからない人の特徴として「製造業の仕事がない」と嘆いている、というものがあります。

しかし製造業の仕事は、どんなに景気が良くなっても、減少の一途をたどります。

このような時代の流れは、逆らうことはできません。

また経営の原理原則を突きつめる企業が増えると、大企業が産業を支配していきます。

そして世の中は大企業と個人事業ばかりになり、中企業が消滅していくのです。

アメリカでは全産業の70%以上を大企業が占めており、中企業がほとんど存在しなくなっています。

わかりやすく言うと、アパレルといったら大手5社程度の名前が挙がり、あとの会社は誰も知らないという状態です。

日本でも30年前は多数のコンビニが乱立していましたが、今は数社に集約されています。

つまり、すべての産業において中企業が消滅し、大企業と個人事業ばかりになっていきます。

ということは多くの労働者は大企業に所属するか、個人事業のどちらかになっていきます。

そして多くの人が大企業に所属するようになると、大企業=高賃金は成立しなくなる、ということです。

大企業に「安定」というメリットは残りますが、高賃金ではなくなるということです。

大企業に所属しても、出世したごく一部の人間だけが、高賃金を獲得するようになります。

これは経営の原理原則と、最先端を行くアメリカ社会から見て、避けられない流れなのです。

これからの世の中を、悲観する必要はありません。

これから世の中がどのように変化していくのか、わかっているわけです。

それならば、時代の変化に合わせて、自分の生き方を時代に合うように変えればいいだけなのです。

経営の原理原則が目指す理想社会

経営の原理原則によって社会が成熟していくと、この世から困った問題が減少していきます。

食べるのにも、住む場所にも、ファッションも、娯楽にも困らなくなってくるのです。

外食は大手チェーン店で十分美味しいし、ユニクロやしまむらでも十分におしゃれだし、スマホは誰も持っています。

多くの人が、それなりに豊かな暮らしを味わえるようになってきました。

これがまさに「成熟社会」です。

そしてこれこそが、経営の原理原則が目指してきた「理想社会」なのです。

経営の原理原則を学んだ経営者達は、この社会的使命に燃えて、事業を推進してきました。

ちょっとキツイ言い方をしてしまえば、

「貧乏人でも、豊かに暮らせる社会を作りたい」

ということなのです。

わかりやすく言えば、

「お金がなくても、ユニクロやしまむらを上手に組み合わせてオシャレをすれば、お金持ちに負けないオシャレができる。」

これが、経営の原理原則が目指す理想社会の、具体例です。

お金がなくても美味しく外食が楽しめ、素敵な家具に囲まれて暮らし、オシャレな服を着ることができます。

こんな社会を作るためには、30年かけて大企業を作り、大量生産と大量販売でコストを下げて品質を上げ、中小企業を圧倒する。

そのためには、あなたは一般大衆とは異なるエリートとなって、経営の原理原則を必死で勉強して実行しなさい。

これが、ハーバード大学の根底にある、教育理念なのです。

だからハーバード大学は、万人の教育レベルを上げようとはせず、一部のエリートを育てることをしてきました。

いまのところ社会は、予定通りの成熟社会になりつつあります。

必要がないのに、欲しいと思わせる楽しさ

成熟社会になってくると、モノがだんだん売れなくなってきます。

誰もが満足を感じるため、欲しいモノが減ってくるのです。

こうなると、これまでの「便利なモノを安価に提供する」というビジネスは、苦しくなる一方です。

必要にせまられて買うものは、どんどん減る一方だからです。

そんなこれからの成熟社会で評価されることとは、

「必要がないのに、楽しいモノや体験」

です。

つまり、なくても困ることはなく、不便ではないのですが、あったら楽しいから買うのです。

例えば、お掃除ロボット「ルンバ」が売れています。

お掃除ロボットは、部屋の隅々のホコリを取り切ることは、できません。

価格と性能を考えたら、従来型掃除機の勝ちです。

それなのになぜ売れているかと言うと「おもしろいから」です。

お掃除ロボットが部屋の中を一人でこちょこちょ動いているのを見ると、なぜか楽しいのです。

お掃除ロボットが売れている理由は、そんな理由なのです。

今は異常なまでのデジタル時代ですから、これからは体験や体感をさせるものが、売れるようになります。

フルーツ狩りや農業体験、アウトドア、体感マシーンやアトラクションが脚光を浴びます。

東京ディズニーリゾートの栄華は、当分続きます。

そして体験や体感は、一人で楽しむのが難しいです。

家族、友人など、誰かとリアルにつながっていないと、楽しむことができません。

そうなると、誰かとリアルにつながるための、コミュニティがたくさんできます。

多くの人が仕事と家族以外の人間関係を大切にするようになり、休日はコミュニティで活動するようになります。

そしてコミュニティの中で、モノを買ったり売ったりして、お金とモノが動くようになります。

これから日本は、中世ヨーロッパの貴族社会の最終段階と、似たような状況になっていきます。

中世ヨーロッパの貴族社会の最終段階は、貴族達がサロンを作ってそこに集まり、会話をして日々を過ごしていました。

どんな成熟社会になろうとも、人と人はリアルなつながりを求めるのです。

人間は、孤独では生きられない。

これが人間の心理であり、本当の真理です。

最後に「桑島さんは、それだけわかっているのに、どうして上場企業を作らないのですか?」と質問されるので、お答えします。

私は「自由」が大好きだからです。

上場企業をつくるとは、自分の人生を「理想社会の実現を作る」ことに捧げる、ということです。

私は、自分の人生を「理想社会の実現を作る」ことに捧げるよりも、人間を観察していた方が、楽しいのです。

人間の心理を知って、心理を人に話ながら、自由に気ままに生きていく方が、好きなのです。

「上場企業を作って理想社会を実現する」ことに人生を捧げる人は、本当にすばらしく、頭が下がる思いです。

そしてそれと同じように、何気ない多くの人生の中にも「泣いて笑って感動して」というのは、すべての人にあることです。

私は、そんな誰にでもある「泣いて笑って感動して」に寄り添って生きていくほうが、好きなのです。

スポンサードリンク

このページの先頭へ