イメージ画像

人間関係の悩みがなくなる世界
本当の「真理」を知れば、人間関係の悩みはすべて消える


知らぬ間に背負わされた役割

人は誰でも、赤ん坊として生まれてきます。

赤ん坊はミルク、おむつ、機嫌が悪いなどの、生存欲求だけを表明します。

赤ん坊は、世界中どこでも、赤ん坊なのです。

ところがこの赤ん坊や子供に、家族や周囲がいつの間にか、いろいろな役割を背負わせます。

「あなたは、○○家の長男なのよ。」
「お姉ちゃんなんだから、我慢しなさい。」
「うちの病院の跡取りだ。」
「下の子だし女の子だから、学校は地元でいいのよ。」

などなど、大人たちの都合と価値観に合わせて、役割を背負わされるのです。

赤ん坊や子供は、自分というものが確立していません。

また、家族や大人に従わなければ、生きていくことができません。

そのため家族や大人の影響を、とても強く受けながら成長するのです。

そしていつの間にか、家族や大人の期待する役割に応えようと、自分を演じていきます。

中には、家族や大人を反面教師として、正反対の生き方を選ぶ人もいます。

ただどちらにしても、子供は家族や周囲の大人に強い影響を受けて、大人になっていきます。

子供は、いつの間にか役割を背負わされて、大人になっていくのです。

ところで、いつの間にか役割を背負わされて大人になったのは、誰だと思いますか?

それは、あなた自身です。

まさにあなたは、いつの間にか背負わされた役割にしたがって、生きているのです。

ところで、その役割は、あなたが本当に望んだものですか?

あなたは、○○家の長男として生まれることを希望して、生まれてきましたか。

あなたは、その母親の娘になることを希望して、生まれてきましたか。

人間関係は、自分の努力で選べないことがあるから、時として「残酷」なのです。
(※魂が親を選んで生まれるというスピリッチュアルな話しは、あえてここでは触れません。)

人は誰でも、いつの間にか背負わされた役割にしたがって、生きているのです。

背負わされた役割にしたがって生きていて、あなたが心か幸せと思うのなら、何の問題もありません。

その役割にしたがって生きることが、あなたの人生の目的なのです。

どうか、道を外れないように、そのまま生きていってください。

しかし「何か違う気がする」「本当にこれが自分の生きる道だろうか」と疑問に思ったら、一度、立ち止まってください。

そして、静かな気持ちで自分の本心に、聞いてみてください。

本当に、今の道でよいのだろうか? と。

本当の自分は何なのか?

多くの人は「本当の自分」「本来の自分」とは異なる人生を歩んでいます。

本当の自分で生きていれば、仕事が苦痛ということは、絶対にないからです。

「宝くじが当たったら会社を辞めたい」と言っている時点で、今の仕事は自分の道ではありません。

そして「本当の自分」から外れて生きてしまう原因の多くは、

「いつの間にか背負わされた役割」

にしたがって生きてしまっているからです。

幼少期というのは脳が無防備ですから、強く大人の影響を受けてしまいます。

したがって、いつの間にか背負わされた役割から抜け出すことは、とても難しいのです。

そもそも今の自分の信念や価値観が、幼少期に接した大人に強く影響されてできあがった、という自覚がありません。

誰もが「自分は自分だ」と思っているのですが、実は違うのです。

あなたが自分で作り上げたと思っている信念や価値観は、本当の自分ではない可能性が高いのです。

本当の自分であれば、心からの喜び、幸せを感じているはずなのです。

それならば、本当の自分とは、何なのでしょうか?

どうしたら、本当の自分に戻ることができるのでしょうか?

本当の自分を取り戻す方法

よく「自分探しの旅」ということが言われます。

本当の自分を見つけるために、どこか遠いところへ旅行するというものです。

しかし残念ながら、遠い国のどこかに、本当の自分が落ちていることは絶対にありません。

もちろん、旅行や変わった体験をすることで、自分に目覚めるということはあります。

それでも、遠いどこかの国に本当の自分が落ちている、ということは絶対にありません。

なぜなら、本当の自分はあなたの中にいるからです。

あなたがどこに行こうとも、答えはあなたの中にあります。

それでは、いつの間にか背負わされた役割から抜け出すには、どうしたらよいのでしょうか。

あなたの中にある本当の答えを引っ張り出すには、どうしたらよいのでしょうか。

それは、

「嫌なことを、ひとつずつやめていく」

ということです。

あなたの本当の心は、知っています。

自分のやるべき事は「楽しい」と感じるようにできています。

自分がやるべきでないことは「楽しくない」と感じるようにできています。

心からわき上がる感情に素直に従えば、自然と本当の自分に近づけるようになっているのです。

そうは言っても、生活があるから仕事は辞められない、と思うでしょう。

たしかに、いきなり仕事をやめて生きていくほどの大金を得ることは、無理でしょう。

それならば、仕事以外で毎月500円でも稼ぐ方法を、考えて実践してください。

毎月500円では生きていけない、そんなことは意味がない、と思うでしょう。

しかし、仕事以外で毎月500円も稼げない人が、仕事以外で毎月50万円を稼ぐことは絶対に無理です。

多くの人は、いきなり階段を100段とばしで上ろうとして、無理だと思ってあきらめるのです。

そうではなくて、1段ずつ階段を上るのです。

遠い道のりのように思えても、1段ずつ階段を上ることが、最短ルートなのです。

なぜなら1段ずつ階段を上っていくと、ある日突然、10段ぐらい飛ばして上れるようになっています。

これは経験者にしかわからないので、未経験の方は信じられないかもしれません。

話しがそれましたが、そうやって少しずつ、嫌だと思うことを手放そうと、努力してください。

嫌なことを手放そうとする努力が、あなたを本当の自分へと導きます。

手放そうという努力の過程で、やっぱり今の仕事が大切だ、と気がつくことがあります。

それなら、努力によって今の仕事の幸せに気がつけたのですから、すばらしいことなのです。

そうやって、嫌なことを手放そうとすれば、人は本当の自分に導かれるようになっているのです。

スポンサードリンク

このページの先頭へ