イメージ画像

人間関係の悩みがなくなる世界
本当の「真理」を知れば、人間関係の悩みはすべて消える


離婚したくない、離婚回避の悩みを解決する方法

離婚したくないという夫婦の悩みを解決する場合、夫と妻では対応方法が完全に異なります。

これは、男と女では、脳の構造が全く違うからです。

ところが離婚したくない夫または妻は、離婚したくないとあせっているため、異性による感覚の違いをまったく意識しません。

そのため、自分の考え方で謝罪したり説得したりするのですが、相手はまったく理解してくれないのです。

そして相手が許してくれなかったり理解してくれないことで、さらにあせってしまい、間違った行動をしてしまいます。

その結果、かえって事態が悪い方向に進んでしまい、離婚が加速してしまうことがあるのです。

夫が妻に許してもらい、離婚を回避する方法

夫が妻から離婚をせまられル原因は「浮気・不倫」「DV」「激しい夫婦ゲンカ」などです。

そして夫は一生懸命に謝罪するのが、妻はまったく許してくれません。

そしていつまでたっても許してもらえないので、あげくには「冷却期間」として奥様を放置してしまいます。

これによって、離婚が加速してしまうのです。

実は妻にとって「浮気された」「暴力をふるわれた」というのは、夫から「バカにされた」ことと同じ事なのです。

そしてこの「バカにされた」という感情を許してもらうには、こっそり謝罪するだけはダメなのです。

妻としては、夫も社会的に恥をかいて、ヒドイ目にあってほしいと思っているのです。

詳しくは、下記サイトをご覧ください。

妻に許してもらい、離婚を回避する方法

妻が夫との離婚を回避して、修復する方法

妻が夫から離婚をせまられている理由のほとんどは「夫の女性問題」です。

仮に夫に他の女性がいなかったとしても、夫は妻と別れて、いつか出会う新しい女性とやり直す自信があります。

妻と離婚したから二度と結婚しない、などという男性はこの世に一人もいません。

男性というのは女性のすばらしさを知った以上、また別の女性と仲良くなりたいと思っています。

それぐらい、男性というのは女性が大好きなのです。

ところが妻は、自分に欠点があったから離婚をせまられている、と考えてしまいます。

だから「自分の欠点を直すから離婚しないでほしい」と懇願するのですが、夫はまったく聞き入れてくれません。

ここでいう妻の「自分の欠点」というのは、夫のお世話係のことを言っています。

家事をきちんとしますとか、掃除や料理や育児をしっかりやりますと言うのですが、夫が求めていることは違うのです。

夫が妻に求めていることは「女性と母親」の役割なのです。

家事をきちんとやりますというのは、母親の役割の一部である「お世話係」だけをさしているのです。

夫の本心は妻に「女性部分」を求めているのですが、夫はそのことを絶対に妻に言うことはできません。

だから妻は、夫が言う「離婚したい理由」を真に受けてしまって、夫にとっては離婚回避のために勘違いなことばかり言ってしまうのです。

そのような男性と女性の違いを十分に理解しなければ、妻は離婚を回避する事ができないのです。

詳しくは、下記サイトをご覧ください。

夫との離婚を回避して、修復する方法

スポンサードリンク

このページの先頭へ