イメージ画像

人間関係の悩みがなくなる世界
本当の「真理」を知れば、人間関係の悩みはすべて消える


離婚するべきかどうかの悩みを解決する方法

離婚するべきかどうかと悩むのは、ほとんど「妻」です。

やはり妻は生活で夫に依存してしますから、離婚してしまったら生活が不安なのです。

しかし、このままずっと夫と一緒に生きていく人生は、どうしても嫌なのです。

どうしても夫と離れたいけど、夫と離れたら生きていけない。

この無限ループの悩みから抜け出せずいるので、とても苦しいのです。

人生で一番つらいことはなにかと言えば、自分の大嫌いな人に生活で依存してしまっているから、離れられないことです。

これは本当に、地獄のような苦しみです。

そしてこの苦しみから抜け出すのは、夫を変えようとしても絶対にダメです。

夫を変えようとするのではなく、自分の人生観を変えなければいけません。

自分の人生観を180度ひっくりかえすぐらいのことをしないと、苦しみから抜けられないのです。

これは人生相談のなかでも、かなり難しい部類に入ります。

詳しくは、下記サイトをご覧ください。

離婚の悩み、苦しみから解き放たれる方法

相手がすんなりと離婚に応じるようにする方法

離婚を完全に決意したら、あとはすんなりと話し合いで離婚を成立させたいものです。

離婚は話し合いで成立しなければ、離婚調停や離婚裁判をしなければなりません。

しかし現実に、すんなりと離婚の話し合いがまとまることは、ほとんどありません。

夫婦の2人ともが離婚に合意しても、親権、財産分与、慰謝料のことで必ずもめます。

「離婚は結婚の10倍のエネルギーが必要」と言われるのは、このためです。

離婚でもめてしまう理由のほとんどは「準備不足」によるものです。

準備不足というのは、相手への離婚の切り出し方です。

何の準備も知識もなく「離婚したい」だけを相手に言ってしまえば、相手だって混乱します。

離婚を言われた相手も、言われて初めて、離婚の法律知識を調べ始めるのです。

このとき、お金の分配などで夫婦の見解が異なれば、離婚でもめるのは当然のことです。

つまり、事前の準備と離婚の切り出し方ひとつで、すんなり離婚できるかどうかが決まるのです。

このようなアドバイスをするには、数多くの離婚相談を受けた経験が必要です。

詳しくは、下記サイトをご覧ください。

離婚調停なんかせずに、すんなりと離婚する方法

スポンサードリンク

このページの先頭へ