イメージ画像

人間関係の悩みがなくなる世界
本当の「真理」を知れば、人間関係の悩みはすべて消える


うつ病とは何か

うつ病とは、気分の落ち込みが長期間にわたって回復しない病気のことです。

人間は誰でも、気分が落ち込むことがあります。

気分が落ち込むことを「憂鬱(ゆううつ)な気分」などと表現したことは、誰にでもあるかと思います。

「○○をしなければならないから、今日は憂鬱(ゆううつ)だ」ということを言ってみたことは、誰でも一度くらいはあるでしょう。

しかし、いくら憂鬱(ゆううつ)な気分になっても、嫌なことが過ぎ去ってしまったり、ひと晩寝て起きれば、元通りの気分になるのが普通です。

ところが「うつ病」というのは、2週間経っても1ヶ月経っても気分が落ち込んだままで、元の気分に戻ることができません。

このように、ずっと落ち込んだ「憂鬱(ゆううつ)な気分」から回復できない病気のことを、憂鬱(ゆううつ)の鬱(うつ)だけを抜き出して「うつ病」と言われるようになりました。

うつ病になると、どんな気分になるのか

うつ病になると、気分がふさぎ込んでしまい、とにかくやる気がなくなります。

何に対しても興味がわかず、楽しいと思うことが出来ず、なにもしたくなくなります。

うつ病が本当にひどくなると、指1本動かすことが「面倒くさい」と思うようになります。

また気分の落ち込みがひどくなってうつ病に気がつくのではなく、体が不調になって回復せず、原因を調べたらうつ病だった、ということもあります。

うつ病で仕事を休まなければならなくなる方のほとんどは、様々な体の異変や集中力の低下よって仕事に支障を来すようになって、ようやくうつ病と診断されて休職となります。

うつ病になって体に生じる異変には、次のようなものがあります。

・頭痛、微熱、全身の倦怠感
・不眠症
・朝、起きられない
・食欲不振
・下痢
・体重の減少
・動悸、呼吸困難

人間は体温調節、呼吸、食欲、睡眠、内臓の働きなどを「自律神経」によってコントロールしています。

この「自律神経」は、無意識で体が自動的に行ってくれるものなのですが、うつ病になると「自律神経」の働きがおかしくなります。

そのため人間が生きていく上で必要な食欲や睡眠がコントロールできなくなり、日常生活に大きな支障が出てきます。

このような状態になってから、うつ病であると気がつくこともよくあるのです。

うつ病は、他の病気と区別がつきにくい

うつ病は、他の病気と区別がつきにくいのも特徴です。

気分の落ち込み等はなくうつ病ではないのに、自律神経の動きがおかしくなる「自律神経失調症」という病気もあります。

また、うつ病とまではいかなくても、気分の落ち込みがある程度続くと風邪を引きやすくなったり、倦怠感も抜けにくくなります。

さらには「心身症」と言って、何か一つのこと極端に心配したりすると、脈が早くなったり過呼吸になったりします。

極端に緊張すると胸がどきどきしたり、顔が真っ赤になったり、気が動転してうまくしゃべれなかったりした経験は誰にでもあると思います。

このような状態は「心身症」と言って、日常生活に支障が出なければ病気ではありません。

そしてうつ病は、ここに述べた症状とよく似た身体症状が表れるので、判別がしづらい病気でもあります。

またうつ病は、心身症やノイローゼなどの神経症と併発することもあります。

スポンサードリンク

このページの先頭へ